【ラグビーW杯】前評判を覆して日本人を虜にした「3つの理由」〜「日本開催なんて誰も知らない」 から一転、熱狂のラグビーW杯

1 :鉄チーズ烏 ★:2019/10/11(金) 07:14:57.06 ID:ysJ/xMqO9.net
● 「日本開催なんて誰も知らない」 から一転、熱狂のラグビーW杯

 開幕直前までは「オリンピックと違って、日本で開催されるなんて誰も知らない」とか、「本当に盛り上がるのか?」などと心配されていたラグビーW杯ですが、フタを開けてみたらそんな心配など杞憂に終わるほどの熱狂が始まりました。予選プールAで、番狂わせを含めた連勝を続ける日本代表の頼もしい姿に、日本中が興奮しています。

 さて、このラグビーW杯ブームを目にして、経営戦略の専門家としては、「この現象はきちんと分析しなければいけないな」と思うのです。なぜなら、ある商品やサービスのブームを生み出すのは経営の永遠のテーマであり、なかなか難しいことなのです。

 そこで今回は、前評判が芳しくなく、かつサッカーや野球に比べてマイナー競技だったラグビーが、なぜこれだけのブームを巻き起こすことができたのかを分析してみようと思います。

 ブームが起きるケースには様々なパターンがあるのですが、今回のラグビーW杯ブームは、類似性についていえば、2011年、サッカー女子W杯で起きたなでしこジャパンブームと非常によく似た社会現象だと捉えることができます。そこで両者の類似点を考えると、次の3つの条件が整えば、このような大ブームが起きるのではないかと考えられます。

 (1)そもそも知られていないだけであって、コンテンツとしてはものすごく潜在力がある。

 (2)世界の壁と戦う日本代表の姿に、日本人の琴線に触れるものがある。

 (3)自分が感情移入できるキャラクターを持ったスター選手が、必ず代表チームに存在する。

 2011年当時、女子サッカーはマイナーな存在でしたが、サッカー自体にはそもそも世界中を熱狂させるだけのコンテンツ力があります。その女子サッカーの日本代表が、体格的には大きな差がある欧米の代表チームの壁をパス回しの技術で乗り越える姿は、表現は正確ではないかもしれませんが、「判官びいきの日本人」の琴線に触れるものがありました。

 そして澤、宮間、大野、阪口、川澄、丸山、熊谷、岩清水、海堀と、それぞれキャラの立った、後にスターとなる選手たちの姿がそこにありました。バラエティに富んだキャラを持つチームゆえに、その中には自分を投影して共感できる選手が必ずいるのです。

 こうした3つの要素がそろったことが、2011年になでしこジャパンブームが起きた要因です。この線に沿って今回のラグビーW杯ブームを分析してみると、まったく同じ状況が生まれていることがわかります。

● 人を熱狂させるだけの コンテンツ力がある

 そもそもラグビーW杯は、オリンピック、サッカーW杯とならぶスポーツ界の世界3大イベントだといわれています。「いやいや、今行われている世界陸上だって人気はあるよ」とおっしゃる人もいるでしょうが、ラグビーとサッカーのW杯が別格なのは、A代表による世界頂上決戦がオリンピックでは行われないからです。

 15人制ラグビーはその消耗性から、開催期間が17日間しかないオリンピックにはそもそも不向きで、オリンピック種目としては過去4大会でしか開催経験がありません。ラグビーの世界の頂点を決める大会はラグビーW杯しかなく、その意味でスポーツ界では別格の大会となっているのです。

 そして今、ラグビーW杯の虜になっている日本人が感じているとおり、ラグビーには人を熱狂させるだけのコンテンツ力があります。

 ちなみに、私が最初にラグビーの魅力を知ったきっかけは、40年近く前に自分が卒業した県立高校で、ラグビーがとても盛んだったことが理由です。なにしろ、ラグビーW杯のPRキャプテンである舘ひろし大先輩が初代ラグビー部長を務めたという伝説が残る学校で、公立ながら花園に2度出場するほどのラグビー強豪校です。体育の授業では、ラグビー部顧問の熱血教師によるガチなラグビーの授業が行われて、当時の卒業生はその意味で皆、ラグビー経験者でした。

>>2以降に続きます

10/11(金) 6:01配信 ダイヤモンド・オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191011-00217246-diamond-soci

2 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:15:34.62 ID:iK1g4tlQ0

野球の価値のなさを知った

3 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:15:56.69 ID:iK1g4tlQ0

野球はなんの意味もないと知った

4 :鉄チーズ烏 ★:2019/10/11(金) 07:16:05.80 ID:ysJ/xMqO9

>>1の続き

 その高校で教わった「ラグビーのコンテンツ力」についてお話ししましょう。そもそもラグビーは大英帝国のスポーツです。強豪チームがニュージーランド、ウェールズ、アイルランド、イングランド、南アフリカ、オーストラリア、スコットランドといった顔ぶれになるのは、それらの国すべてが旧イギリス連邦に属していたからです。

 ここで重要なことは、ラグビーは大英帝国発祥のスポーツであると同時に、ジェントルマンのスポーツであることです。もともとはジェントルマンの子弟が通うラグビー校で始まったスポーツで、その伝統はイートン校やオックスフォード大学といったジェントルマンの教育機関で育まれていきます。

 それが、みなさんがラグビーの試合で目にするジェントルマンシップの魅力を生んでいるのです。わかりやすいシーンでいえば、試合が終了すればそこでノーサイド、つまり敵も味方もなくなり仲間になる。ユニフォームを交換しあってお互いの健闘を心から称え合う。そのすがすがしさが大きな魅力です。

 ちなみにほとんどのスポーツでは、そうはいってもプレイ内容に関係した両チームの確執が起きるものですが、ラグビーではそれを水に流すケースが比較的多いです。その理由はビールにあるといわれます。ラグビー選手もラグビーファンも、とにかくビールをよく飲む。それで確執などどうでもよくなってしまう――。このビールもジェントルマンの伝統です。

● ラグビー人気を世界に 広めた「本当の原動力」

 もう1つ、ジェントルマンらしいのが、審判のレフェリングがオープンになっていることです。審判がなぜそのような判断を下したのか、現在では音声マイクを通じて関係者が聞くことができるのですが、これだけ説明責任を重視して運用しているのは、ジェントルマンという伝統文化があってこそです。しかも誤審があったら、審判が「アイム・ソーリー」と両チームのキャプテンに謝ったりする。この様子を見ていると、野球やサッカーが文化的に遅れた競技に見えてしまうほどです。

 このように、コンテンツとしては世界を熱狂させるだけの力を持つラグビーですが、「では、ちょっと見てみようか」と思ってテレビをつけると目に入るのが、体格的にどうしても劣って見えがちな日本人が意外と健闘しているその姿です。

 実は日本は、2019年10月9日時点のラグビー世界ランキングで8位です。そしてチームとして見ると、選手の体は結構大きい。というか、見た目が日本人ではない人も日本代表に入っている。これはもともと大英帝国が世界にラグビーを広める過程で生まれたルールのようですが、日本人でなくても日本代表になることができるのです。

 細かいルールを省いていえば、本人、または両親ないしは祖父母が日本で生まれた人ならば、日本代表になることができます。また3年間日本でプレーすれば、やはり日本代表資格を得ることができます。キャプテンのリーチマイケル選手は日本に帰化した日本人です、念のため。

 とはいえ、代表チームには海外の競合と比べれば小柄な日本人もいるのは事実で、彼らが結構大活躍するのです。昭和の時代には、「日本は体格のいいスポーツマンが大相撲にスカウトされてしまうので、ボクシングの重量級とラグビーにはいい選手が集まりにくい」といわれていました。しかし平成以降は、逆に体格のいいアスリートのほとんどが高校や大学に進学する時代であり、かつ高校には相撲部よりもラグビー部の数のほうが多いことを考えると、世界で戦える体格を持つ日本人ラガーメンの数は平成の時代を通じて着実に増えてきたのでしょう。

 その日本人ラガーメンが力と力、体と体のぶつかり合いで世界の強豪を凌駕して大金星を奪う。ついつい弱いほうを応援したくなる(失礼)日本人の気質に合った「ダビデとゴリアテの戦い」を彷彿させるジャイアント・キリングが試合ごとに起きるので、もう日本人としてはたまらないわけです。

 そして現在の日本代表チームのメンバーは、個性あふれる魅力的な選手ばかり。そもそもラガーメンは、その分厚い胸板と底抜けに明るい笑顔のイメージから女子の人気が高いスポーツマンだといわれていますが、ラグビーW杯に登場する顔ぶれはその意味でも最高峰です。

● もともとブレイク必至の イベントだった

 そう考えると、そもそも潜在力が高いラグビーというコンテンツにおいて、ジャイアント・キリングを繰り返す日本代表チームが、選手1人1人を見てもとても魅力的であることは、分析どおりです。つまり、ラグビーW杯はブレイク必至のコンテンツだったということが、確認できたというわけです。

 さて、今週末のスコットランド戦では、日本にはぜひ勝って決勝トーナメントに進んでほしいのものです。頑張れ、ニッポン!

5 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:16:29.16 ID:iK1g4tlQ0

野球ほど魅力のない競技はないと知った

6 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:16:59.52 ID:sQoMOZJ+0

本田圭佑のカンボジアが歴史的大敗…イラン戦の14失点はワースト記録大幅更新

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191011-00342266-footballc-socc
ケイスケ・ホンダ クッソwwwwwwwww

7 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:17:29.33 ID:y5xQWBQx0

(画像)戦前の女子高生の制服姿が現代と殆ど同じだと話題に!
http://www.yi.lauriemillotte.com/cy/kgi.html

8 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:18:03.90 ID:sQoMOZJ+0

2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選のイラン代表対カンボジア代表戦が現地時間10日に行われ、
ホームのイランが14-0で勝利を収めた。
カンボジア代表にとってはワースト記録を大幅に更新する史上最悪の敗戦となった。

サカ豚どーすんのこれwwwww

9 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:19:05.83 ID:mVBaa7sH0

みんな英国圏無双すぎる事に疑問感じないの?

10 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:19:20.71 ID:s6edhHiz0

電通、招待客、学徒動員、大学OB、企業ラクビー社員

これだけラクビーに関係している日本人を総動員すれば可能だろ

むしろ国家的な動員作戦に見えて北朝鮮と変わらない薄気味悪さを感じる

11 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:22:10.37 ID:f8KwtrNE0

パヨク涙目

12 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:22:14.58 ID:sQoMOZJ+0

>>9
英語圏じゃなくてイギリス連邦

13 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:23:25.22 ID:mVBaa7sH0

>>12
英語圏?
バカマヌケだなお前

14 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:23:29.80 ID:Q0V9lbkN0

いや、相変わらず興味がないが

15 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:23:58.86 ID:XRQRXfJn0

外人大量に入れて勝ってるだけだしプール敗退したら速攻で盛り下がって無かったことになるだろな

16 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:24:00.27 ID:Lk9Ulf1o0

17 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:24:08.83 ID:sQoMOZJ+0

ケイスケ・ホンダのカンボジアがイランに14−0の歴史的大敗!

サカチョンどーすんのこれ?wwwww

18 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:24:52.03 ID:0V7OSec20

単なるいつものお祭りに乗っかる国民性のようにしか見えない
カーリングとかと一緒

19 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:25:49.03 ID:bJA0KEab0

焼き豚ネトウヨ涙目w

22 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:27:38.33 ID:BOsv0jCH0

前回の五郎丸ブームも一瞬だったからなあ

21 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:26:41.17 ID:sQoMOZJ+0

>>20
カンボジアってとこは重要じゃないんだなw

20 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:25:56.00 ID:fzBRcjXF0

カンボジアが大敗したことを喜んでる人はどういうタイプの煽り屋なんだろうw

23 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:28:03.93 ID:gazd3Vs70

野球 侍ジャパン
女子サッカー なでしこジャパン

ラグビー 半分ジャパン 半数ジャパン

24 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:28:06.93 ID:fgIHCX2J0

W杯と名前がついてれば球蹴りでさえ盛り上がるんだからラグビーだって盛り上がるに決まってる。

25 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:28:55.59 ID:oyJrhRYq0

本田が監督してるカンボジアが大敗して困る日本人いるのかな?

26 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:29:07.07 ID:SveA5y/a0

>>24
バスケ・バレー「…」

27 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:30:01.92 ID:YASm9Iyo0

地方だけど何の話題にめ出て来んなぁ
騒いでる人も終われば次の日からは
ハロウィンだぁヒャッホー

28 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:31:00.85 ID:SurOFkLq0

世界的な盛り上がりでは女子サッカーW杯が上回ってるな
アジアでは唯一日本だけがラグビーW杯盛り上がってる
https://trends.google.co.jp/trends/explore?q=%2Fm%2F021vk,%2Fm%2F01kglk,%2Fm%2F06brs

29 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:31:47.24 ID:kKxCNT0u0

WCが終わったら潮が引くように誰も見なくなるのも日本人の特徴

30 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:32:12.48 ID:8ck7lHhK0

大会終わったら元通りだよ
見るもやるも裾野の広がりようがない競技だからな

31 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:32:24.33 ID:hqidEi+G0

にわか人気なんてイナゴの群れと一緒だもんな

32 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:33:09.44 ID:vtj7bn890

試合を開催する地域の人はみんな知ってたろ

33 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:34:05.18 ID:mVBaa7sH0

>>16
英語圏なんて書いてないんだが
>>9
本当にマヌケかすだなお前は

34 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:34:05.32 ID:mVBaa7sH0

>>16
英語圏なんて書いてないんだが
>>9
本当にマヌケかすだなお前は

35 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:34:24.54 ID:+/uNwIPN0

>>29
そんなのどこの国も一緒
日本人の特性ではなく韓国人も全く同じ

36 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:35:21.14 ID:dDdJQUA40

虜っつっても日本が勝ったか負けたかしかみんな興味ねえよ
ラグビーのルールは永遠に浸透しない

37 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:36:52.74 ID:T4fmzcUf0

W杯だけじゃなくて国内の試合もぜひ中継してください

38 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:37:29.95 ID:+dIz3+BL0

テレビの奴隷のM3F3層しか見ていない

そしてラグビーもマイナースポーツだし
ラグビーW杯もマイナーイベント

ラグビー自体が英連邦の一部とフランスしか普及していない
ラグビーW杯で盛り上がる地域もそこだけ

39 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:38:10.51 ID:Ut6QXvc00

ラグビーまともに力入れてる国はオセアニアの小国を中心とした10カ国程度
まともなプロリーグがあるのはイングランドとフランスだけでどちらもJ2くらいの規模
世界の市場規模や野球の10分の1もない
ラグビーW杯の世界の放映権料もかなり安い

46 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:40:35.42 ID:zVw+/1mK0

>>1
アイルランドには誤審で勝った
スコットランドに負けて3位なら前回大会と何ら変わらないんだけどね

48 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:41:01.36 ID:yj0uKkSX0

球蹴りみたいなイタイイタイ演技が無いからだな

51 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:42:45.63 ID:lyiRDwWq0

>サッカーW杯とならぶスポーツ界の世界3大イベントだといわれています

アメリカ「ふーん」
ドイツ「そうなんだ」
中国「初めて聞いた」

52 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:43:50.94 ID:yj0uKkSX0

>>1
その三つの根拠は何だよw
全部こいつの主観じゃねーかwww自称専門家ww

60 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:48:53.54 ID:91A25mI70

日本が勝ってるからだろ
ボコられてたらつまらないから興味持たないよ

70 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:55:32.71 ID:G/VDcGvo0

最初に最弱国とやったり
日程的に有利な状態で強豪を倒して騒ぐのはまんまバレーボールなんだよね
疑惑の判定とか八百長っぽいのがある所も同じ
電通の得意技かな

71 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 07:56:01.22 ID:Kqcb68ut0

そうかな、大してスレも立たないし
とっても盛り上がってるとは思えんな

106 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 08:24:15.29 ID:fa2cI5Rw0

大男の体と体のぶつかり合いは迫力ある、大相撲の立ち会いに通じるものがある
その点、日本人に親しみやすい
ルールも審判と実況の人が解説してくれるから任せておけばいい

174 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 09:40:16.25 ID:wg+2O54l0

ラグビーのワールドカップが、世界三大スポーツイベントのはずないだろ。世界でも極一部でしかやってないマイナースポーツだぞ。

246 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 12:16:28.52 ID:T10ZANKi0

スター選手がだれか知らんしそんなのはどうでもいいわ
サッカーみたいにパス回ししてあからさまな時間稼ぎがないだけで見てて楽しいわ

300 :名無しさん@恐縮です:2019/10/11(金) 16:48:25.27 ID:gbtcB4JO0

>>266
逃げんなゴミかす

344件をまとめました。
最新情報はこちら